万が一交通事故に遭った場合の対処法

7959954cfc090c894fba7b71fcde37c5_s
交通事故はいつ発生するかわかりません。自分では十分注意していても、相手の車がぶつかってくる可能性もあるのです。このような場合、パニックになってきちんと対処できないこともあるでしょう。このような事態になってもしっかりと対処できるように、事前に対処法を勉強しておく必要があります。

事故が起きたら最初に行うべきこと

d6e2d5264c40c5677719d21f0f6ba252_s

交通事故が発生した場合には、人身事故や物損事故に関係なく、まずは警察を呼ぶ必要があります。人身事故の場合には、救急車も呼ばなければいけません。基本的にはどちらが呼んでも問題はないのですが、通常は加害者が呼ぶべきでしょう。これは加害者に課せられた義務だと言えます。もし怠ってしまうと、当然加害者は処罰されてしまうこともあるのです。

もちろんこれだけ行えばよいというわけではありません。もし人身事故が発生し、相手が大ケガをしている場合には、応急処置をしておく必要や、二次被害を防ぐための処置を行う必要もあります。このような知識もしっかりと身に付けておけば、いざというときにパニックになってしまうこともありません。もちろん事故を起こさないように注意するのが第一です。

相手の連絡先も聞いておく

daa349464c2b5e17363997b14e3986c1_s

交通事故が発生したときに、被害者がしっかりと話しができる状態であれば、お互いの連絡先を交換しておく必要があります。連絡先を交換しておかないと、スムーズに示談交渉ができなくなるからです。

ただし、ケガをしている場合などは、その場で救急車に乗って病院へ行く必要があります。そうしないと人身事故扱いではなく、物損事故として扱われてしまうでしょう。特にケガをしていない場合でも、やはりぶつけた箇所の修理代請求をする必要があるので、連絡先の交換は必要です。

まとめ

いざというときに何をするべきかは、特に何日もかけて勉強する必要はありません。基本的なことは講習で行っているので、再び教本を読み返すぐらいでよいでしょう。そうすれば慌てないで、冷静な対応ができます。